創価学会一般会員の日記

創価学会一般会員のつぶやき

反転攻勢

沖縄選は大敗しましたが、信濃町の事情で動員され戦った多くの方は悔しい思いをされたことと思います。です

が、意外にも意外にも会長は喜んでいるかもしれません。会長と言っても、実質的に裏で学会を動かしているの

は、あのお二人方、いわば会長なんて、ただの操り人形にすぎません。会長にしてみれば、やりたいこともでき

ず、自民党とのパイプ役 (裏の会長) とT主任会長にいいようにやられて面白いわけがありません。

今回の大敗は会長にしてみれば千載一遇のチャンス、反転攻勢の時なのではないかと思います。

大敗すぎる大敗と間違った方向性(自民党とのつきあい方)の責任をパイプ屋さんとT主任会長にとらせる絶好の

チャンスです。婦人部は今回の沖縄戦には初めから懐疑的だったと思います。(方針が決まれば突き進みますが)そ

れを無理栗、押し進め、異常なほど自民党べったりのあのお二人方に対し平和に敏感で直感的な婦人部は毛嫌いし

ていると感じます。会長も密かにこの時を待ち、予見し、薪を酌め火を点ける準備を調えていて、婦人部を見方に

できれば、いざ火を点けるチャンスなのです。あの二人を粛正するには相応で慎重な大義が必要です。

それが今回の大大敗により如実知見となったのです。

しかし念のために執行部に失脚させられた正○さんを担ぎ出し復権させるかも知れません。婦人部から絶大な人気

の正○さんを起用し、磐石な基礎を固めるのです。衆議院段階的撤退論の正○さんを自民党との窓口にし、正論の

バーターを自民党に仕掛ければ衆議院小選挙区を撤退したとしても比例区得票数は800万まで回復する見込み

があり自民党に媚び諂う現在の悪き慣習(下駄の雪)から脱却でき面子も保てるからです、しかも最悪でも、いざと

なれば閣外協力(半下野)のみで憲法改正も阻止でき一石二鳥です。どんな組織の長でも下にヤンチャで数(成果)

を揚げてくる連中がいれば連中は上を突っつき恥をかかせ神輿(会長)をひっくり返す。

男子部のとき、くだらない小競合いを見てきましたが歳をとっても本質なんてものは変わらないもんです。さて信

濃町の権力闘争は現場の会員を置き去りにして誰が勝利を収めるのでしょうか('_'?)11・18には、なにか重大発

表があるみたいですが楽しみです。

最近の近況

 

 

皆さんお疲れ様です。最近、多忙でブログもご無沙汰しております。先月、田舎の父が

 

倒れまして、なかなかブログも書けなくなっております。一人暮らししている父が倒れ

 

てしまいました。幸いにも新聞が何日もたまっていて気が付いてくれたデイケアの方に

 

発見され一命を救われましたが背骨の圧迫骨折と顔面打撲でかなり厳しい状態です。意

 

識不明でケアマネジャーの方が付き添ってくれ病院に搬送されました。以前、父のこと

 

でケアマネジャーの方と会って面談したのですが、仕事とはいえ本当に素晴らしい方で

 

した。電話でしか話したことがないのですが、会って話すとケアマネさんも「思ってい

 

た通りの方ですね。」と言ってくださり。なかなか踏み込めない家族の状況とかいろい

 

ろ親身に相談に乗ってくださいました。信心していなくても(いや信心してる人より信

 

頼できると思ってしまいました。)私は聖教新聞の配達をやっていますが、内部、外部

 

に関わらず独居老人には細心の注意を払っています。新聞が一日でも抜かれていなかっ

 

たら、すぐに午前中に仕事を休んででも婦人部。や紹介者を通じて安否の確認をしま

 

す。父の地域では婦人部の方が配っており何回か挨拶を交わしたことがあります。その

 

婦人部の方(役職不明※名乗らないので)も福祉の仕事に関わっていてヘルパーの仕事

 

をされているそうです。以前、私の配達している地域で同じことがあったのですが、安

 

否の確認をしたところ独居の老人のかたは非常に喜んでくださり、調べて家まできてく

 

ださりビールを1ダースもお礼にとくださりました。私は普段、配達中にお話ししたり

 

するので、「心配だったもんでそんな気になされなくてもいいんですよ、」と言います

 

が、本当に喜んでくださり、差し入れなので受け取ってくださいと言ったくださいま

 

す。啓蒙どころか死ぬまで聖教新聞を入れてくださいとまで言ってくださいます。学会

 

は打ち出し主義で本当に自分の頭で考えることができなくなっていると思う昨今です。

 

普段は「いい人だな、親切な人だな。」と思える婦人部の方も上から指示されたこと以

 

外はなにもしないサイボーグみたいになっているように思います。もし上が新聞配って

 

いて独居老人に異変を感じたら適切に対応しなさい。といえば配達員さんも気にかけて

 

くれたかもしれませんが、普通、信心をしてそのなかで磨かれた人間性を地域で花咲か

 

せるのが一般的な考え方だと思うんですが、まったく優しさが世間一般にも及ばない現

 

実があるようですね。福運がないと言われればそれまでですが・・・広布部員だけは

 

キッチリくるところは不思議ですね。話は変わりますが会長がラモス元大統領と会見し

 

たそうですが、元大統領はチームワークについて話を振ったそうですが会長は何を答え

 

たのか中国訪問団のことを答えたそうです。人情の機微は電光石火です。先生だったら

 

何を相手が求めているか、(元大統領は近々の状況の中いろんな指導者としての悩みが

 

ありその話を提起したのでは?)それに対し会長はつれない話・・・残念です・・・今日

 

テレビを見ていたらミャンマーで無償で働く医師の特集がありました。感動しました。

 

一日4時間の睡眠でミャンマーの医療を受けられない貧困層の方に実に2万人ものオペ

 

をし不眠不休、無報酬で頑張っている日本人医師。感動しました。会長は5千万以上の

 

報酬!果たしてピープル・パワー革命のラモス元大統領の心を掴めたのか?疑問です。

沖縄県知事選で感じたこと

 

 

自分的には自民、公明推薦の佐喜真淳氏が接戦を制し当選すると思ってましたが、結果

 

は大差で落選。玉城デニー氏が当選してしまいました。勝てない選挙はやらないのが公

 

明党のやり方、常で、情勢の分析も相当やった上での参戦だったのでしょう。なぜ負け

 

てしまったのでしょうか?ここ1年、沖縄関連の選挙は3、4回あったと思うんですが

 

現場としては、ほぼ1年選挙をやってたことになります。毎回、毎回、毎回、県の地区

 

部長会は選挙の話ばかり、しかも県長は信心指導するわけでもなく情勢の話ばかり、危

 

ない危ない危ないと玉突き、玉突き。支持者カードが何枚出せたとかそんな話ばかり、

 

先生が書いたかもわからないメッセージが会合の度、読み上げられても、現場の地区婦

 

人部長はため息しか出ないのが本音だと思います。しかも自分たちの同志が立候補する

 

わけでもなく政治的な戦略で宗教的な大義が全くない候補に、身も心もお金も精神も捧

 

げて殉教の精神で挑まなければならない。支持者カードが出せなくて心臓がドキドキ、

 

居ても立っても居られないほど現場は消耗、疲れていても「先生にお応えしましょ

 

う。」との水戸黄門の印籠をあたかも頻繁に出(い)でだされて、現場はもう感覚が麻

 

痺。。。信濃町の高学歴な幹部の方々は計算上、戦略の上で決定されたことを打ち出し

 

降ろすだけで現場は自動的に動くと思っているのか、まったく現場を知らない。(知り

 

たくない。知る必要がない。)実に内部の4人に1人が離反し玉城氏に投票してしまっ

 

たと言われています。学会と自民党のパイプ役さんとやら(※以下パイプ屋さん)が来

 

年の憲法改正を睨み、今回の選挙を学会総力で応援して接戦を制し恩を売り、(最近選

 

挙がなかったので自分の存在を内外に誇示するため)学会に定期的にプレッシャーを与

 

えないと忘れられてしまうと焦ったのか、大博打を仕掛けたが失敗してしまったといっ

 

たところでしょうか。いいように使われた現場幹部はたまったもんじゃないです。今回

 

の選挙の結果を踏まえて信濃町貴族幹部の間でもパイプ屋さんをここぞとばかりに潰そ

 

うという勢力も跋扈してくるかもしれません。いずれにしても憲法改正がイヤならイヤ

 

と国会で答弁すればいいことだし、どうしても憲法改正すると言うのなら「野党になり

 

ます。」といやらしい裏工作などしないで正々堂々とやればいいのです。学会も公明党

 

も裏工作ばかりやるクセが条件反射で体で反応してしまうのか、民主主義なんだから

 

正々堂々とやってもらいたいもんです。それを会員は希望していると思います。

創価組織脳

 

 

いよいよ来年は学会の今後の命運を占う国政選挙が来ます。既得権益を守り政界で幅を

 

利かせ発言権を死守できるか、それとも大幅に減票して自民党の奴隷になるか、まさに

 

信濃町貴族幹部にとっては天王山(死活問題)の戦いといえるでしょう。選挙といえば

 

選挙グッズです。ZU台帳、ブロック地図は必須です。ZU台帳を基に何日までにKを

 

〇% 何日までにマルKを〇%と上から逐一指示がきて、現場はその通りに死に物狂い

 

で頑張ります。特に大事なのは地区内占有率でブロック地図に赤くて丸いステッカーを

 

外部宅に張り付けていきます。「地区内でF2とれました。」と報告するやいなや・・

 

「お名前をお教えください。」「誰と誰ですか。」と過去からの習慣なのか聞いてきま

 

す。自分的には個人情報なので教えたくないんですが、噛みつくと信心がおかしいとか

 

面倒くさいことになるので正直に、言われるままに〇〇ブロック在住の〇〇太郎さんと

 

〇〇花子さん夫妻です。と正直に答えます。支部長にも逐一外部のF先の名前を報告し

 

ます。支部長は一生懸命ノートに外部の方の名前を書き込んでいます。私も立場的に部

 

員さんにお願いする側なので、Fのとれた部員さんに聞かなくてはなりません。・・・

 

創価組織脳に侵されている方たちにとっては普通のことだと思うんですが自分には結構

 

辛いです。これって異常だと思います。うちの近所で自治会の連合会の会長さんがいる

 

んですが、そのおじいちゃんの孫がうちによく遊びに来ます。うちの子供と仲良しで、

 

日曜など1日中うちで遊んでいきます。私の家は学会ということで近所では有名で、ど

 

ちらかといえば敬遠されていますが、地域では名士の連合会の会長のおじいちゃんが

 

「〇〇さん、いつもうちの孫がお世話になってわりぃーなー。今度一緒にゴルフでもど

 

うだい(・・?」と誘ってくださり、それからは家族のように扱ってくれ、地元の名士さ

 

んたちにも紹介してくださりエスコートしてくれ、今では消防団の副団長までもさせて

 

いただけるようになりました。そんなことから、じいちゃんに選挙をお願いしたんです

 

が、「俺よー自民党支部長やってるのお前知ってんだろ。農協の副理事とか神社の総

 

代もやってんから無理だぞ。だけど夫婦の1票はおまえにやる。 立場が立場だから絶

 

対内緒だぞ。」と言ってくださりました。このような経緯から支部長に「人間関係の信

 

義から個人情報を拠点に貼ったり、メモをとるのは今の時代、止めたほうがよいのでは

 

ないでしょうか。」と意見しました。支部長は個人情報を厳守しなければならない職業

 

に従事しているにも関わらず・・「それはできません。」との予想どおりの返事!!相

 

変わらず創価組織脳だなーと呆れましたが、言ってもムダだし、また喧嘩になると思い

 

ましたが、「もし支部長がコンビニでコピー機の横に個人情報が書かれたノートを忘れ

 

たらどうするんですか。」とさらに質問しました。・・そしたら・・「私はそんなこと

 

しません。」と反対に怒られてしまいました。まぁこれはこれでいいんでしょうけ

 

ど・・衆議院議員選挙のとき、こんなこともありました。半年も前から選挙戦が始ま

 

り、選挙区には地区11枚の支持者カードを提出しました。それも全くないところから

 

地区部長会の打ち出しの通り玉突きの玉突きで・・婦人部の本部長が泣きながら「あと

 

1枚あと1枚おねがいしま~す。( ノД`)シクシク…」と言ってきたので、それもなんとかし

 

ました。ところが投票10日前に緊急地区部長会があり毎日3の新規Fを取るようお達

 

しがされました。私は仕事が忙しいので帰宅は夜9時ごろなんですが支部長から毎日仕

 

事中なのに電話がじゃんじゃん鳴りっぱなし。・・・・うちの地区は婦人部長が高齢な

 

ので地区内のことは掌握できないので、婦人部のことまで聞いてきます。「今日は誰と

 

誰と誰がとれましたか?( `ー´)ノ」・・・「まだ仕事中なのでわかりません。( ;∀;)」

 

毎日、毎日声が怒っています。・・・私は当時は純粋だったのでうつ病寸前。

 

(+_+)・・・とうとうブチ切れました。「支部長!半年も前から準備して戦ってきて支

 

持者カードも12枚もだして、終盤戦のこの時期に及んでどう票をとるんでしょうか?

 

根拠を教えてください。」と意見しました。支部長は「:@;・-。」「::\\¥~」

 

ようは祈ってどうにかしろとの概要のようです。私はこんなことして負担ばかり押し付

 

けるならいっそ負けちまえばいい。と思うようになりましたが、結果、勝ってしまいま

 

した。( ゚Д゚)なんとも組織脳に侵されてしまうと頭が7つに割れてしまうようです。救

 

いようがないというか次回の参議院選挙は1票でも公明票が減ることで頭が7つに割れ

 

てしまっているキチガイが救われるよう祈らずにはいられない今日この頃です。

黄金特区

 

 

聖教新聞によりますと1日、全国黄金特区長会(高齢化や過疎化など日本社会が抱える

 

問題に対して、地域の実情に応じ、活動の在り方を工夫して取り組む組織の代表による

 

会議)が信濃町で開催されたそうです。(ちょっと意味がわかりませんが要は過疎地の

 

限界地域は、もれなく学会員も少なく、活動家も減少して立ち行かなくなっていて、ど

 

う現場が工夫して難局を乗り越えているか実情を発表する会議のようです。一見、過疎

 

地の地域、地区が工夫して頑張ってる印象の会議ですが、本来なら学会本体が配慮して

 

いくべきことを現場の工夫や踏ん張りにすり替え、押し付けているように思えます。8

 

月28日の新聞に「行動した分境涯が広がる。」という壮年(超高齢者)の特集があり

 

ましたが。北海道の長沼町ではなんと78歳の方が現役の地区部長をされているそうで

 

す。こんな歳の方がやらなければならないほど人材がいない状態だということですが、

 

新聞には書いていませんでしたが、恐らくこれほど人がいないので新聞配達もやって

 

らっしゃるのではと推測してしまいます。「新聞配達も意気軒高にやってられます。」

 

なんて書いたあかつきには、読者から「あまりにもヒドい。可哀そう。」と聖教に苦情

 

がくるので載せなかったのかもしれません。7面の左には大分の壮年部、支部の集合写

 

真が載ってました。ほとんどが後期高齢者で車椅子の方も・・・26人中21人が高齢

 

者です。本来なら学会本部が高齢者特区なので聖教新聞の配達を読売新聞に委託したと

 

か会館警備を外部の警備会社に委託したとか衛星中継をオンライン化して自宅で見れる

 

ようにしたとかなら特区会議の趣旨もわかりますが、結局は、学会本体は金は使いたく

 

ないが体制維持延命のため「超高齢者に立てなくなるまで正の現場幹部として働いても

 

らいます。」というのが結論でそれが公に新聞掲載するようになったということでしょ

 

うか。仏法入門や若者の育成を何年もやっても実質、活動家(票を取る人、新聞啓蒙す

 

る人)は増えず現場の負担は増えるばかりです。地区部長は副本部長、副圏長、副県長

 

が兼任すればいいと思うんですが、上の幹部は責任を負いたくないのか、そういう発想

 

信濃町にはありません。あっ、それと黄金特区は試しに聖教新聞配達手数料を3倍に

 

すればいいと思うんですが、3000円もらってる方は9000円、5000円もらっ

 

てる方なら15000円、7000円もらってる方な21000円、これくらいもらえ

 

ば時給1200円くらいになりガソリン代でマイナスにならなくて済みます。昨今は子

 

供の教育費がかさんでお父さんはお小遣い0円の方も普通にいるしパートで家計を工面

 

している主婦も20000円くらい配達代が入ればパートなしで活動に挺身できると思

 

うんですが、副会長以上が3000万円以上年収あるのに現場はタダ同然働きはよくな

 

いですよネ。

鎌田有子さんの件で感じたこと

 

 

折伏で婦人部員さんの友人さん(壮年)の方の現場を頼まれることがあるのですが、場

 

所と時間を決めて、いざ現場となると面白いことに、情報を聞きつけて支部婦や婦人部

 

本部長、圏副などあれわあれよと10人くらい集まってきてしまいます。こちらは紹介

 

者とご友人と3人でやりたいのですが、いつの間にか車座になり,たった1人の壮年に対

 

し、あーじゃこーじゃと口出しをしてきます。相手は丸腰の高齢者の壮年なのに大勢で

 

折伏するのはフェアーでないし、むしろ卑怯ではないかと思いました。ほんとに決まる

 

か疑問なんでしょうが、それなら初めから自分がやればいいのにと思います。それ以

 

来、現場を持つときは、紹介者と友人と自分と地区婦以外、来ないよう初めに言ってお

 

くことにしました。話は変わりますが、鎌田有子さんという婦人部の方が政治信条から

 

安全保障関係のデモに参加したことと、執行部を批判したということに対し嫌疑をかけ

 

られ創価学会の懲罰諮問機関より呼び出しを受けたようです。評議聴聞会は9月に行わ

 

れるようですが、まるで宗教裁判のようです。女性の婦人部員1人に対し、大勢(3人

 

以上)で囲み事実関係を質問形式で詰問するようで、異議申し立てのある場合は後日申

 

し立てができるようですが、あまりにも平等性に欠いたものであると思います。本来な

 

ら平等性を保つため第三者の立ち合い、もしくは弁護士を入れて両者とも話し合いをし

 

鎌田さんの地位と名誉の保全のため平等を規するべきです。日本の大手の企業には労働

 

組合が存在し社員の地位保全のため法律でも組合の結成、活動を認めています。これだ

 

け大きな宗教団体なのに宗教とは関係ない政治理念の問題で、1婦人部員を弁護人もな

 

しに詰問し懲罰にかけることは異常なことと感じます。鎌田さんは学会が好きだし、昔

 

公明党と今は違うと感じ、それを言っても黙殺され、また1会員が意見することを受

 

け止める組合のようなものも存在しないなか、悩み、このような行動をされたのでしょ

 

う。鎌田さんにとって宗教は人生にとって大事なことであると同時に憲法に保障された

 

権利です。例えば異性問題をおこしたとか、金銭貸借の問題をおこした、なら話はわか

 

りますが、宗教と政治の問題は全く別々の問題であり会員の権利であり自由なのです。

 

あの小樽問答で政治信条から組合から学会員が猛烈に攻撃排除された事件の逆の再来と

 

いっても過言ではないと思います。元男子部長が第一庶務の女子部をたぶらかし関係を

 

もったり、公明党の国会議員が議員宿舎をモーテル代わりに使ったとか、散々、学会員

 

に迷惑をかけた連中は全然処分されず、のうのうと今も学会の関係の仕事で財務からの

 

金で高給料をもらっている事実。信濃町の考えはいつしか傲慢になり、排除の論理

 

なってしまったとことに危惧を感じます。

質問会

 

 

戸田先生の講義全集のCDを持っていて、たまに聞くのですが、草創の頃は、大きな会

 

合でも戸田先生は質問会を行いました。聞いているとユーモアを混え、解りやすく丁寧

 

に指導し、今の時代でも面白く、解りやすく感じます。池田先生も会合の中で質問会を

 

設け、逆に質問する人がいないとき「戦っていれば自然と疑問に思うこともあるでしょ

 

う。質問できないということは戦っていないこになる。」と叱ることもあったそうで

 

す。私が地区リーダーだったころ支部の地区部長会に部長と参加する中で、やはり最後

 

に質疑応答があり双方納得して会合は終わりました。疑問には親切に明快に答え、矛盾

 

がない。それが創価の活力になって大発展してきた一つの理由だと思います。昨今はど

 

うでしょう(・・? 地区部長会でもすべての会合で質問会(質疑応答)はないし質問で

 

もしたあかつきには基地外よばわりされてしまいます。悪意な質問は別として社会常識

 

から感じた素朴な疑問まで門前払いになってしまいます。以前、組織で扱う金銭の問題

 

で社会常識を大きく逸脱する案件があり、個人的に幹部に質問しましたが、門前払いで

 

した。事故が起きてからでは手遅れになる内容なのに門前払い。わかってはいました

 

が、社会人として言わなければならないので言いましたが、仕方がなく学会本部に電話

 

しました。すると下品なおっさんが対応してくれたのですが、こちらは悪意もなにもな

 

く純粋な気持ちで電話しただけなのに、ヤクザかチンピラのような応対で逆に脅される

 

有様。このとき「ひょっとしたらこの組織はおかしいのかも。」と直感的に感じまし

 

た。学会は莫大な会員がいるので少しくらい減ってもいいくらいに感じて、このような

 

対応をしているのかもしれませんが、これからは会員も減り続ける時代に入り、誠実さ

 

がなければ組織はいずれ崩壊するでしょう。行政で行っている自殺相談の命の電話とい

 

うのがあるそうですが、骨の折れる大変な仕事だと思います。なかには精神異常者の電

 

話に対応したり悪意な電話も相当あると思います。しかし神経をすり減らしながら真摯

 

に対応する相談員、頭が下がります。これからの時代プライバシーの問題もあり、地元

 

の組織では言えないことを相談したい会員がたくさん出てくるはずです。(いるはずで

 

す。)本来ならば電話相談を10倍20倍にも拡充して対応することがこれからの時代

 

大切かと思います。内容によっては本部に来てもらい個人情報を守り地元組織には内密

 

に相談できるシステムを作り、そこに相当な学会の労力を注ぐべきなのかと思います。

 

昨今は政治主導の活動方針ですが、政治の世界には矛盾が一杯あります。まして与党に

 

なり既得権益が多く矛盾を通り過ぎて異常さばかりの公明党なので、質問を許したら組

 

織の崩壊にもつながる可能性があるのかもしれません。しかし今、良ければいいという

 

考え方、考える余裕を与えずマインドコントロールしても長い目でみれば組織の活力が

 

なくなり会員は愛想をつかすでしょう。ガンジーは言いました。「偉大な運動は『無関

 

心』『嘲笑』『非難』『抑圧』『尊敬』という5つの段階を経る。そして第4段階の

 

『抑圧』から第5段階の『尊敬』にいたる際に最も大事なことは『誠実』である」この

 

誠実さを忘れてしまった学会にはもはや未来はないでしょう。ある一定の割合に不信を

 

抱いた会員が到達したときドミノ倒しのように学会は崩壊すると思います。