創価学会一般会員の日記

創価学会一般会員のつぶやき

財務

1年も早いもので、男子部男幹が終わって座談会が終わって夏休みが終われば、すぐ来

 

年の統一地方選のための人事が始まり、9月には財務の申込書がきます。

 

素朴な気持ちとして財務の総額っていったいいくらぐらいなのかなと思い、簡単に計算

 

してみることにしました。(#^.^#) 

 

任用試験受験者12万人ということは受験者申込数14万人として地区2の申 し込みと

 

すると単純計算で全国の地区数は7万地区、地区世帯平均50世として1地区40人が

 

財務に参加として1人1万円で40万円 1人2万円だとして80万円、30万円やる

 

方も地区に3人くらいはいるでしょう。総合的に全国地区平均 1地区120万円とす

 

ると70000地区✖1200000円=84000000000円(840億円)と

 

なります。本部に来館した時のご供養や記念月の会館で受け付けるご供養やご本尊授与

 

のご供養を足すとざっと1000憶円ぐらいではないかと思います。バブルの時代は

 

3000憶円とも言われていましたが、昨今は不景気なのでこのぐらいかと思います。

 

次に聖教新聞の売り上げですが地区50世帯で内部+外部で新聞実配、地区比少な目で

 

100%(実際は120%ぐらいだとおもいますが)50部として7万地区で全国実配

 

350万部として1か月66憶5千万円✖12か月=79800000000円

 

(798憶円)純利益が35%だとすると279憶3千万円ざっと合計、年間1300

 

憶円ぐらいでしょうか。それに創価新報、大百、墓地事業の収益、書籍の売り上げを足

 

すと1500憶円ぐらいかな(・・? 見当もつきません。(#^.^#)職員の年間給与総支給

 

額は(・・? 副会長が200人だとして職員50人に対して副会長1人だとすると職員

 

はざっと全国1000人40歳で平社員年収1000万円で60歳で平社員年収

 

2000万円で高齢者比率が高めで計算して・・職員年間総所得平均1500万円とし

 

て✖1000人で=150憶円・・・・・とすると給与比率は総財務収入のたった

 

10%ということになります。一般の会社と比べるとベラボーに人件費率は低いです

 

ね。副会長が3000万円会長が5000万円貰っても有り余る金満税収で屁でもない

 

鼻糞ほどの比率です。なので目ん玉飛び出るぐらい給料がイイんですね。新聞配達員は

 

全国平均月3500円程度でしょうか。 べらぼーに安い、車両持ち込みででこの金

 

額!せめて1時間ほどかけて配達するのですから早朝手当と車両持ち込みの分を考えて

 

も時給で欲しい1時間計算で1回1200円ほど貰いたいもんです。会内格差はひどい

 

もんです。副会長あたりも会員に申し訳ないとおもうなら新聞配達するべきですね。ち

 

なみに財務9000円でも8000円でも1円でもバレませんよ。県長あたりは知って

 

るとは思いますが、プライバシーの関係で聞くに聞けないし下手に言ったら大問題にな

 

るので大丈夫です。この事実を知ったら干してやりたい会員も増えるでしょうね。

優先順位

 

 

以前、草々の頃、野外研修が行われていました。先生はこのように人が多く集まるとき

 

必要な大事なものはなにか(・・?と青年に質問されました。青年は答えれなかったので

 

すが、先生は「トイレだよ。」と言われました。物事には大事なポイントがあることを

 

教えてくださいました。今回の災害は平成以来、初の大災害と言われている西日本の災

 

害、お子さんを亡くされた親御さんが捜索してくれた隊員に何度も何度もお礼を言われ

 

る姿がニュースで報道されていました。亡くなられた方160名以上と不明者を合わせ

 

ると200人以上。今も懸命な捜索が行われています。こんな中で行われた本幹(九州

 

総会)、中止にするべきだったと思います。学会員でも被災された方、行方不明の方も

 

いられると思います。1日対応が遅れることは致命的で、ポイントが狂っているとしか

 

言いようがない(今日の聖教新聞でやっと動き出した。)と思います。本来、宗教団

 

体なら人命第一でなければならないと思います。現地は断水で困っているのに、すぐ対

 

応しなければ意味がない。1日遅れたら意味がないのです。ペットボトルを大量に輸送

 

して被災地会館に常備して会員や外部の困っている方に届けるとか対策本部を立ち上げ

 

本部や地方会館は最小限度の人員にして被災地に駆けつけるべきだったと思います。

 

本幹が開催できなくても後日に九州地方、方面別に開催して会長が回ればいいだけの話

 

だとおもうんですが、被災された方はどんな気持ちで本幹衛星中継をみるのでしょう

 

か。我が地域にも職員大幹部がいますが衆参選挙が始まれば故郷にF取りを平日でも行

 

きます。おそらく本部は職員に対し仕事として選挙期間は帰省して全人脈のF取りを許

 

している(社命)ようです。職員大幹部の話のなかで「いや~新幹線乗り遅れちゃった

 

よ~。」なんて呑気なことを言ってる様子から出張費もでるのかと感じました。選挙に

 

なれば全職員全国に馳せ参じさせるのにこんな大災害が起きているのに神経を疑いま

 

す。本幹をやらなければならなかった事情は来年の参議院選挙の関係があるとは思いま

 

すが、実は本当の理由は、9月の名護市の市議会議員選挙が本命なのだと今日の公明新

 

聞をみて感じました。沖縄の選挙に関しては九州が要なのでどうしても開催しなければ

 

ならなかった。政治主導の宗教の害毒としかいいようがありません。昨日の公明新聞

 

参議院候補者が掲載されていましたが、今日の新聞をみて本丸はこっちかなとピンとき

 

ました。昨日はオチを作って目を背けても現場はすぐピンときます。票と人命、秤で

 

計ったら今の創価学会仏は票のほうが大事なようですね。たった1日遅れただけでしょ

 

うがその1日の差が本当の激励なのではないでしょうか。

篠澤協司さんについて感じたこと

 

埼玉県の篠澤さんという方が除名処分になったそうですがその方のブログを拝見しました。

https://soka2018samon.amebaownd.com/pages/2044137/static

 
私が個人的に感じたことは「まともな方だな。」ということです。
 
本部の前でデモに参加されたようです。元職員3人さんが主宰しているようですがその
 
是非についての考えは個人の自由なので触れませんが、文面とか動画を見ても反逆者と
 
は到底思えないです。現場をやってきた者として共感さえ覚えます。
 
皆さんも文面をよんでみてほしいと思います。篠澤さんをこの様な行動せしめた原因
 
は政治的なこともあると思いますが沢山なことが複合していると思います。
 
3地区の地区部長を経験されたとのことですがご苦労されたと思います。
 
地区婦人部長、地区部長の仕事は信じられないくらい多忙で煩雑なことが実に多い、そ
 
れ以上の幹部(会長まで)はっきり言って負担の割合は100対1くらいで比較の対象に
 
ならないくらい現場の負担は大変です。ただでさえ大変なのに青年部のことまでやるこ
 
とになり、会館の警備も青年期、大変な思いで着任したのに、さらにこんな歳になって
 
までも、まだやらなければならない。どう考えても体を壊して病気になります。以前、
 
仲の良かった県長は「本来なら学会のなかにも共産党がいてもいいと俺は思う。」と
 
おっしゃってましたが、私もそう思っています。もっと自然でいいと思います。等身大
 
な実情にあった支援にするべきだと思います。水のタンクに穴があき、それにパッチを
 
貼りまた違う場所に穴があきまたパッチを張り、常に365日応急措置をやってるよう
 
に忙しいです。しかも新聞配達もしなければなりません。対外的な見栄を優先させる組
 
織、聖教新聞も350万部前後のはずなのに公称550万部と喧伝していたり、実情に
 
あった等身大の実のある活動にしていかないと篠澤さんのような方は増えていくと
 
思います。国政も今の半分に減ってもいいと思います。逆に地方政党となって会員が喜
 
び納得して活動てきるようにしたほうが未来は明るいと思います。この問題も実はなん
 
でもないことなんです。役職の任期は2年と学会の人事定款で決まっています。支援で
 
きない事情があるなら「任期がきたので辞めます。」「あーそうですか、ご苦労様でし
 
た。」で本来はそれで終わりのはずなんですが、人材がいないので組織は辞めさせてく
 
れない。人がいないんなら組織を統合するなり、遊んでる副圏長なり副県長を組織の責
 
任で補てんすればいいだけの話です。組織の体裁と組織の事情のため個人の信念をねじ
 
伏せ無理やり従わせようとするからドロップアウトしてしまうんです。篠澤さんも相談
 
できる方がいればドロップアウトしなかったと思います。昨今は信用して相談したら次
 
の日には組織の全員に知れ渡ってしまいます。病気になり指導を受けたら、本人の了解
 
なしに即日流布しています。うかつに、なにも喋れません。
 
協議会も自分の考えを言う人など皆さん頭が良いのでいません。
 
まぁこのままいけばあと10年で半分の勢力になり20年で壊滅的な状況になることは
 
ほんとに間違いないです。
 
減退期途中には今の2倍くらい締めつけが強くなり現場の仕事量はやはり今の2倍にな
 
ります。沢山ドロップアウトして、加速度的に衰退していくと思います。・・・
 
本部は手遅れになった頃、会員第一の考えに変わると思います。それまでは言われるま
 
ま素直(・・?にやりたいとおもう所存でございます。(*´Д`)
 
そういえば他のサイトでブラック企業(自殺の多い超大企業)の社員が
 
実情をアップしているブログを見たことがありますが、その会社がブログを書いた本人
 
を特定する部署を作って探し出して処分するなんてことは聞いたことがありません。逆
 
に世間的に非難されるのはその会社です。篠澤さんは真に相談できる方もなく、やむに
 
やまれぬ気持ちでSMSに投稿したのでしょう。(いろんな方がSMSを見てそれをどう判
 
断するかは個人の自由、発信する人も個人の心情で投稿することは憲法に保障された自
 
由です。)それを組織総力を挙げて摘発に乗り出すなんて共産党を批判してきた学会が
 
共産党以上のことを今はしています。組織もできあがり徹底した管理をするようになり
 
ました。過去の共産圏のKGBとか資本圏のCIAしかも実行部隊のパラミリのように
 
学会はなってしまいました。新入会の方が裏を知ったら可哀そうですね。

口止め

以前の話ですが、男子部の〇〇長が「ちょっと一緒に行ってもらいたいところがあるん

 

ですがいいでしょうか。」とのことで家庭訪問をしました。その方は初老のご婦人で未

 

活動の方で、水商売をされていたのか私には話易い方でした。いろいろ話しているうち

 

にご婦人は「あいつだけは許せない。」と言葉を選びながら怒りを抑えて声を殺したよ

 

うに話し出したのです。面倒をみてきた知人である入会間もない〇〇さんがあいつ(現

 

場幹部)に被害をうけ相談をうけたんだけど。それは※※(具体的には書けない内容)

 

最後は目に涙を溜め、「被害者が私の子供だったら絶対に許さない」と言うのです。

 

内容は具体的で聞くに堪えれない悲惨な内容でした。「そのことを婦人部には話した

 

が、なんの調査も音定もない、どうなっているんでしょう。」との話でした。こちらも

 

調べたら〇長(結構広い範囲の長)は知っていました。その入会間もない若夫婦は内容

 

も内容なのでそこに住めなくなり出身地に引っ越しせざるを得なくなり、いなくなりま

 

した。その容疑者は元〇暴で校正して学会の現場幹部をやっています。意外に人望があ

 

り癖はありますが、人懐っこい性格で、そんな犯罪を犯すふうにはみえないが(もし本

 

当なら即懲役8年位の実刑)の内容です。〇長(結構広い範囲の長)は「ほっぽとけば

 

居なくなるよ今は騒がないようにと」そう言っていたそうです。※婦人部の〇〇長(相

 

当上)から聞きました。

 

私はご婦人の話を聞いて具体的でとても嘘とは思えませんでした。その〇長(結構広い

 

範囲の長)には以前、会内で物品販売をして下の幹部に買わせていた同じく同系列元〇

 

暴の現場幹部の事を相談したのですが、どうも仲がいいのか怖いのか、こちらが逆に悪

 

者にされた経緯から、言っても相手にされないのが分かっていたので言わなかったので

 

すが婦人部にもかん口令を敷いていました。(証拠がないとの理由)結局、組織は数に

 

ならないことには不介入なのです。もしこの現場幹部がまた〇〇部や〇〇部の部員さん

 

に同じことをしたらどうなるんでしょうか。誰が責任をとるのか恐ろしいことです。

 

狂犬を放し飼いにしているようなもんです。

一流

 

 

そういえば、男子部の時、会合に本部職員の全国幹部がきました。

 

その方は、東大卒なんだそうですが、東大卒の同窓会があり庇方ぶりに昔の仲間に会っ

 

てきたそうです。その時の話で「よーお前今なにやってんだよ」「おれは大企業の〇〇

 

で〇〇やってんだよ」「俺は官僚だよ」とか、とにかく東大卒だけあって皆一流の企業

 

に勤めていて日本のブレーンになっていたそうです。東大卒は相手を尊重しあって他人

 

をバカにしないところも一流なのだそうです。それで「お前は何やってんだよ」と聞か

 

れたそうで「おれは創価学会の本部に勤めているんだよ」と堂々と言ったそうです。そ

 

したら「そうかすごいね」とバカにされなかった。東大卒は相手を尊重しあっているん

 

です。一流を目指し合っている仲間なんです。という趣旨の指導でした。その方は今は

 

副会長ぐらいやってるんだと思うんですが、当時、私は「やっぱり一流は違うな。」と

 

感動して聞いておりました。今思うとその職員幹部は本部職員であることに劣等感が

 

あったのかなとおもいます。でも肩書はともかくも今はその当時の仲間より断然年収が

 

いい。副会長でその他役があれば、ざっと年収3000万円以上。勝ったじゃないです

 

か、すごい年収で、よかったと思うんですが。そんなこともありいろんなことも鑑み、

 

本部職員の年収を上げていこう(世間に負けないよう配慮していこう)という流れが信

 

濃町にはあるのかなと思いました。それはそれでいいんですが、現場は新聞配達して月

 

5千円か6千円で車両持ち込み(この前バイクが故障して修理代3万円)でやっていて

 

とても待遇が一流ではありません。貴族職員のための無償に近い待遇で社畜のような扱

 

いです。配達員も他の一般新聞社配達員より待遇を貴族職員のように一流にしてもらい

 

たいもんです。自分たちだけ一流の給料もらってるのに、ずるい話です。新聞配達は業

 

務です信仰と業務は分けたほうがいいと思います。以前は配達員の定年は60歳でした

 

が数年前から「健康ならば年齢は問いません」と規則が変更になりましたが、70歳で

 

も配達してる方もいます。事故を起こしたら誰が責任をとるのかと思います。65歳で

 

配達されてる方は配達中転倒して大怪我をされました。身寄りもいなくて働けなくなっ

 

てしまい生活が困窮しています。職員のように一流の保証をしてほしいもんです。その

 

東大卒本部職員は新聞配達してるのかな、してないでしょう。本部職員(副会長、会

 

長)も含めて全員新聞配達をやることを義務付けるべきです。全然、民衆の団体じゃな

 

いじゃないですか。

改竄

 

以前、〇〇〇の総会の時、先生からのメッセージがくるとおもいけや、待てど待てど第

 

一庶務からFAXはきませんでした。ちょうど職員幹部の方がいたのですが、「いいよ、

 

これ使っちゃえ!」・・と懐から先生のメッセージが・・・(・・? それは他の組織に

 

与えられたメッセージでした。「宛名を換えて・・時間がねーからはやくはやく」・・

 

いつの間にか組織名だけ書き換えられ多くの会員の前で発表されていました。・・

 

えっ、そんなことしてええのかい。(・・?

 

会合に参加している多くの婦人部は一文一句書き損じてなるものかと必死にメモを執っ

 

ているではありませんか。翌日の協議会で地区婦人部長は参加された方にメッセージを

 

伝えていました。私は「う~ん。これは職員は核心的秘密を知ってるな。・・」と思い

 

ました。メッセージというのはたぶん複数あって地域をランダムに選び、かぶらないよ

 

うに発報しているものなのか・・おそらく先生の執筆したものではなく第一庶務の作っ

 

たものではないかと思いました。そうでなければこんなことするはずがないです。

 

そういえば今日の「わが友に贈る」も「あの人と会うとホッとする・・・・」とありま

 

すがホッとするなんて言い方は先生は過去に書かれたことなんかないし年頭の指導にも

 

会合と家庭訪問の比率は2:8で・・・なんてことも過去に書かれたことなんかない

 

な・・しかも最近の人革も前後の脈絡もなく、過去にも人革に書かれたいたことの反復

 

でかぶるし、おかしいと言わざるをえません。人革はひょっとして、もしもの時にすぐ

 

に止められるよう脈絡のない内容にわざとしてあるのかな、と思ってしまう内容です。

 

先生からのメッセージやご伝言は確かにあると思いますが、本物と代筆が入り乱れてい

 

るので判ららないです。(・・? 1年に2回でいいので本物のメッセージやご伝言を教

 

えていただきたいのです。

 

最後は創価学会仏の印籠で組織にたてつくなで終わるのかな、と感じてしまう今日この

 

頃です。こんな事思ってるのは私だけでしょうか。

赤裸々

 

 

最近、組織の傾向としては最大効率化推進が目玉のようです。

 

以前は支部の会議なんて一切なかったのにやるようになりました。(支部長がサボらないよう)

 

隣の総県の友人に聞いたら同じくやっていて会議の名称も同じだったので

 

全国的なものだと思います。折伏セミナーも最近は本部単位と決まっているようで(本部長がサボらないように)

 

未決着の地区は〇時間唱題を集まってやるようにとの指示も同じく出ているようです。(同盟唱題禁止)

 

結局最後は地区に何人セミナー参加できるんだと詰めがきます。

 

地区婦人部長から一斉メール24件(同報メール)で押し出しのお願い(悲痛)がきます。

 

効率といえば、うちの地区の地区幹事さんと部員さん回りをすることがあるんですが、

 

部員さん宅に行くときいつも最短コースを地区幹事さんは選びます。

 

こっちの道のほうが近いのでこちらの道でいきましょうとか部員さん宅にブロック5勇

 

士の署名を書いてもらうときも世間話もなしでいきなり署名用紙をだして書いてもらっ

 

たり現場でも最大効率化です。人間なんていうのは非効率のほうがなにかと面白いとお

 

もうんですが(相手は人間ですから)時勢ですかね。(*´Д`)いわゆる赤裸々はないで

 

す。自分という人間を赤裸々にオープンにすることはないです。

 

本部はコンサルト会社のアクセンチュアリーの指示で全面的に方向性を決めているので

 

しょうか。以前、先生が本幹に出ていられていた時はサーチライトで照らすように1人

 

を見つけ壇上に上げて手を握りしめて激励されて人情というか人間臭さを感じ楽しい会

 

合でした。そういえば私見ですが会長の御書講義が聞きたいです。本幹での指導は先生

 

の軌道を中心に語りそのようにしていきましょうとの指導が中心ですが、教学部長に全

 

部講義をやってもらわないで会長も講義をやってほしいと会員は思っているのではと思

 

います。いつもとは角度を変えて会長指導は御書講義をお願いしたいです。

 

会長の自分の思ってること感じたことを聞きたいです。人革を読んでいると先生は移動

 

の電車のなかで出会った会員に時間を見つけては激励の手紙を書かれていました。

 

時には出会った会員に、いつでも本部にいらっしゃいと言ってくださったりとても人間

 

としての魅力にあふれています。大阪の戦いも会員の証言集を読んでいると

 

「すごくきつかったけど楽しかった」とあります。

 

昨今の学会はキツいだけでなにも心に残らないと多くの方は感じてるんではないので

 

しょうか。赤裸々な人間臭さがなく。IT人工知能が考えた最大効率を基準に、が学会

 

の方向性になっているように感じます。創価学会物(仏?)より人間創価学会に戻って

 

ほしいです。